技術者魂がある限り

ITの仕事をしている方の中には、何としてでもこの仕事をやり遂げていこうとするエンジニアとしての技術者魂に火がつくことがあるでしょう。エンジニアとしてのプライドから、IT社会を劇的に変えていこうとする想いが膨れ上がっていき、自分のような優秀なエンジニアがIT業界に居てこそ、IT社会は進化を続けていこうとする力を途絶えさせていくことがないのだと豪語をする方がいても不思議ではないと思うのです。

IT企業に長年勤めている方は、技術者としての誇りがあるのと同時に、豊富なITの知識や技術を活かしていこうとするITの仕事に対しての熱い想いがあることがうかがえてくるのです。IT技術者だからこそ、情報化社会を先導していく立場として世界に負けないような社会貢献をしていかなければならないという意志を抱いていき、自分の人生はITの発展を願う心と共に
ある、というくらいのITに対しての揺らぐことのない信念を持ち続けていくのだろうと考えられるのです。

ITの仕事で、周りの人から一人前の技術者として認められることで、一層、自分の仕事に誇りが持てるようになったエンジニアがおられるでしょう。IT業界で立派な技術者として活躍するために、日々、ITに関わる知識や技術の習得に励む方が、後のIT社会を支える要になる可能性が大いに考えられるのです。誰もが羨むIT技術者を目指していく姿勢から、希望が持てる情報化社会を垣間見る瞬間を目の当たりにしていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です