将来の自分を見つめるかのように

理想とする業務を実現させていくために、お手本となる先輩の仕事の仕方を学ぶことが不可欠だと思っている方は多いでしょう。 後に一人前のエンジニアとして最前線で情報化社会を先導する者としての原型を形作るために、元となるお手本が自分の身の丈に合うかどうかを考慮する方がいても不思議ではないのであり、自分の目の前に掲げられるお手本次第で、自分の能力と照らし合わせた上でそのお手本を元にした自己啓発や能力開発をしていこうとする意識を喚起させていくことが考えられるのです。

自分を導く元となるお手本によっては、人生の質を飛躍的に高めていくきっかけとなり得るのであり、仮に、自分の好きな先輩が自分のためにお手本を余すところなく伝授してくれることから、先輩のようになりたいという気持ちになっていくことも十分に考えられることなのです。

自分が憧れているその先輩に近づくためのお手本を習得していこうとする気持ちから、今現在の仕事に対する考え方などを一新していこうとする意識改革が期待できるのです。その先輩通りのことをすれば間違いなく自分にとって有益となる人生設計が叶うのだとする確信を得ていくようになり、先輩からもたらされるお手本を飛躍という名のバネとして捉えていくようになるのです。

IT企業にて、後輩の指導に当たるエンジニアは、自分のように後輩が納得のいく仕事ができるようになってほしいという想いを抱いていることでしょう。先輩である自分が後輩への歩み寄りを通して、その後輩がIT社会を牽引していく優秀なエンジニアになることを夢見ながらの指導から、自分から表出されていくお手本がIT社会の新たな秩序を作り上げていく拠り所となることを願っているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です