ITに魅力を感じるとき

ITの仕事をしていると、仕事の状況により自分の所にも様々な影響を受けることがあるでしょう。その影響次第で自身の人間性を高めていくきっかけとなり得るのであり、場合によってはその影響を自分に課せられた試練として捉えることがあると思うのです。人が成長していく上では要所要所で試練となるものが必要になっていき、その試練を乗り越えた先には自分が追い求めていた理想像があるのだという希望を抱き続けていくのです。

ITの職場で、最終的な決断を下す重要な人物のことを影響力のある人だ、と思う方がいるでしょう。その人がいるからこそITの仕事で常に正しい判断ができるのであり、その人の下で仕事をすることで、自分の人生の軌道修正に一役買ってくれることが往々にしてあると思うのです。

そうした人が情報を束ねる人材としてリーダーシップを発揮していくべきなのであり、ひいては情報化社会の行く末を左右していく人材となるべきだと思っている方がいるのではないかと思うのです。人によっては、影響力がある人ってみんなから慕われているんだなあ、と羨望の眼差しを影響力のある人に向けることがあるでしょう。周りの人に対して人を惹きつけてやまない探究心を引き出させる影響力とは、同じ志を持つ者同士が互いの結束力を高めていこうとする光景を映し出しているように感じるのです。

影響力のある人は、自分の味方となってくれる人を引きつけていく能力にも長けていることがうかがえてきて、自分を支えてくれる人から可能性をつかみ取るために自身の魅力ある人間性を表していこうと考える方は少なくないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です